シュノーケリング体験|沖縄旅行をするならシュノーケリングで遊ぼう

沖縄の綺麗な海をご紹介

沖縄ではシュノーケリングを楽しめるスポットが多数存在します。定番スポットからマイナーなところまで一気にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

沖縄のシュノーケリング人気スポットランキング

no.1

恩納村の真栄田岬

一年中ダイバーや観光客で賑わう真栄田岬。非常に人気の高いシュノーケリングが出来るスポットです。青の洞窟が見られるのも人気の理由に挙げられます。コバルトブルーの幻想的な光景は息を呑むほどです。ぜひ体験してみてください。海の浅いところでも小魚がたくさん泳いでいるので小さなお子さまも満喫出来ます。

no.2

本部町の水納ビーチ

沖縄本島から船で約15分の距離にある水納島。島の周辺にはさらさらの白砂に綺麗な海が広がります。何といっても透明度が素晴らしく、シュノーケリングの他にもパラセーリングやバナナボートなどのマリンレジャーも楽しめます。島を散策するものおすすめです。

no.3

うるま市の伊計島

沖縄本島から橋を渡って行くことが出来る伊計島。伊計ビーチの透明度も抜群で、こちらもシュノーケリングやダイビングスポットとして人気があります。静かなビーチなのでのんびり過ごしたい方にもおすすめです。

no.4

渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ

沖縄の那覇から高速船に乗って、約30分ほどの距離にある渡嘉敷島。人気の秘密はウミガメに会えることです。50センチから1メートル程の大きなウミガメと一緒に泳げます。離島のビーチなので透明度も非常に高く綺麗なお魚を見ることも出来ます。

no.5

慶良間諸島・座間味島の古座間味ビーチ

沖縄の那覇から高速船に乗り、約1時間弱で行ける座間味島。島にある古座間味ビーチはホワイトサンドビーチとしても有名です。クマノミなどの色鮮やかなお魚がたくさん泳いでいるので、シュノーケリングが楽しめる場所です。サンゴ礁も綺麗なので、ぜひ沖縄へ起こしの際は足を運んでみてください。

シュノーケリング体験

男女

シュノーケリングの種類

まずはネットなどでシュノーケリング体験の予約を入れます。旅行プランに組まれている場合もあるので、あくまで個人で申込む場合に限りネットなどで予約する必要があります。シュノーケリングには二つの海の入り方がありますので、そのどちらかを選択する必要があります。1つは陸から海に入る方法「ビーチエントリー」と、船で海に出てから入る方法「ボートエントリー」です。ビーチエントリーの場合は、浅いところから入っていくので徐々に海に慣れていく形でシュノーケリングを楽しめます。ボートエントリーの場合は人混みが苦手な方におすすめで、スポットまでの移動がとてもスムーズです。

所要時間を決める

上記では海への入り方を選択しましたが、次に所要時間を選択します。約1時間から5時間程の半日プランと約6時間から9時間の1日プランが選択出来る場合がほとんどです。この所要時間には移動までの時間も含まれます。半日プランは午前午後のどちらかにシュノーケリングを楽しんで、あとの半日は沖縄観光などをしたい方におすすめです。1日プランなどはシュノーケリングの他にバナナボートなどのマリンレジャーを楽しむことが可能だったり、違うスポットで楽しんだりと内容を選べることも可能ですので、たくさん海を満喫したい方におすすめです。

シュノーケリングプランの大まかな流れ

ビーチエントリーから説明していきます。ビーチエントリーの場合は、まず指定のショップか現地にて集合します。そのあと受付や清算を済ませ、ウェットスーツに着替えレクチャーを受けます。そのあと階段やビーチから海へ入っていきます。シュノーケリングで海の中の光景を楽しんだり、お魚に餌付けをして楽しみます。そのあとショップに戻りシャワーを浴びて着替えを済ませ解散します。半日プランならビーチエントリーがおすすめです。次にボートエントリーの場合です。朝、指定のショップか港に集合します。そこで受付や清算を済ませ、船に乗り説明を受けて出港。着替えを済ませレクチャーを受けたら、船から海へ入りシュノーケリングを楽しみます。1日プランならお弁当が支給されることもあります。午後もシュノーケリングを楽しんだら、船上でシャワーを浴び着替えて帰港し解散します。

広告募集中